PC表示 | スマホ表示

堺市PTA協議会:平成22年度活動報告

3行詩

お問い合わせ・情報のご提供

小学校PTA協議会研修会を開催しました

(2011.01.25) 

 堺市小学校PTA協議会研修会が、平成23年1月16日(日)堺市南区茶山台の 国際障害者交流センター(ビッグアイ)多目的ホールで開催されました。 当日は多くの保護者の皆さまが参加され、元香川県綾上中学校長の竹下和男先生による 「子どもが作る“弁当の日”」の講演が行われました。皆さま熱心に興味深くお話を聞かれていました。
 子どもたちが同じルールにより自分ひとりの力で弁当を作る。 それをクラスの仲間や下級生に見てもらい一緒に食べる。子どもたちが 買い物をしてお弁当を作るという初めての体験の中で、「ひとりで作る」という 思いから行動を起こし、教えを求める、学ぶ、知る、考える、実行・体験する、 友達と交流する、そして味わう。その過程においては家族との会話、 自立・成長、友達・仲間意識、周囲の人への感謝、また子どもに応えるための親の成長など、 子どもたちや子どもたちの環境が大きく変わるということを教えていただきました。 多くの方が素晴らしい教育効果だと思われたことでしょう。
 余命宣言をされた母親が3歳の娘にしてあげられること。母親として、 幼い子どもであっても自分のことは一人でできるようになってもらいたい。 身の回りのこと、料理、洗濯、お父さんのこと。 命があるなら時間をかけて成長とともに身に備えられるよう教えることができたのに。 そんな親と子の手紙、写真を映像で見て多くの方が熱いものを感じられたと思います。
 家庭では「生活する、生きる」ということを親から子へ教えなければならない。 危ないから、幼いからということで、子どもたちが生活に対して持った興味を削ぐようなことはやめよう。 少しずつ段階を経てできるように見守ってあげよう。と思われたのではないでしょうか。
 子どもたちは日々親を見て成長している。親が自分に対してどのような愛情を持っているかを察知している。 そのようなこともいろいろなお話の中で知ることができました。親として反省する点が多々あります。 子どもたちが健やかに成長し、笑顔でいられるためには、親が子育てに全力投球し、子どもた ちに親の一生懸命な姿を見せて、子どもたちが自分も親のようになりたいと思うことが大切であ ることを教えていただいたように思います。親も変わらなければならない、 子育てを好きになって楽しまなければと思いました。
 お話に引きつけられ時間もあっという間に過ぎてしまいました。 大きな拍手で会場が包まれたときには、もっとお話をお聞きしたいという思いが湧いてきました。 とても貴重な素晴らしいお話を聞くことができ有意義な時間を過ごせましたことを心より感謝しております。
 竹下先生、関係者の皆さま本当にありがとうございました。

堺市PTA協議会

〒590-0078
堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 高層館11階 
教育委員会 地域教育支援部・地域教育振興課内
TEL:072-228-7920
FAX:072-228-7009

アクセス

↑ PAGE TOP