PC表示 | スマホ表示

堺市PTA協議会:平成27年度活動報告

3行詩

お問い合わせ・情報のご提供

第61回 大阪府PTA研究大会 よっしゃ!やるで PTA -私たちができることを- に参加しました

(2016.02.19) 

 平成28年1月16日(土) 午後1時15分より阿倍野区民センター大ホールにて大阪府PTA研究大会が開催されました。
 国歌・PTAの歌斉唱、大阪府PTA協議会会長 佐々木 一智さんの挨拶、大阪府教育委員会市町村教育室 室長の浦嶋 敏之さんのご祝辞のあとに、島本町立第三小学校PTAの皆様による事例発表がありました。テーマは「地域×学校×家庭 協同プロジェクトでおまつりをつくろう」でした。自然豊かな島本町は大阪府で唯一全国名水百選に選ばれています。
 地域との交流で春にはれんげ畑で遊び、初夏には田植えや野菜作り、秋は稲刈りお正月にはどんど焼き体験。PTAの取り組みにつきましても「校長先生と島本の山を歩こう講座」等、自然を存分に生かした活動です。校長先生のお名前に因んだ「タケッシー」と言う名のゆるキャラが存在します。
 事例発表のあとに講演会が始まりました。
 演題「子どものために、PTA、地域、学校ができること」
 講師 ラジオDJ 山本 シュウさん
 合言葉は「We are シンセキ!」噂通りの楽しい話と力のこもった講演会でした。講演会の中で、PTAの5つの得と言う講義がありました。
 ①情報が入ってくる ②会話が変わる ③友達ができる ④感動する ⑤愛が伝わる
 どれも素晴らしい内容でした。
 そして特に心に響いた言葉は「失敗は成長の素」です。
 子供達を育てる上で、心掛けている事は何か?それは「十分にチャンスを与える事」だと思います。つまり精神的にも心の上でも成長していける様に、出来る限りチャンスを与える事が大事だと思います。若い生命は限りなく伸びゆく力を秘めています。「時を逃さぬ一言の励まし」や「願いを込めた触れ合い」が大きな可能性の扉を開くきっかけとなる事も多々有ります。大人も同じですが、色々な経験が大きな自信に生まれ変わり、色々な失敗が大きな成長に生まれ変わるのだと思いました。
 山本さんは5年間PTA会長を務め、その活動をまとめた本を出版し、著作料全額を「レモンさん基金」として子どもたちの為に寄付しているそうです。本当に素晴らしい講演会でした。
 最後に三行詩コンクール・優秀作品、PTA団体表彰式がありました。
 また素晴らしい思い出が出来ました。

堺市PTA協議会 書記 黒木敏志

堺市PTA協議会

〒590-0078
堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 高層館11階 
教育委員会 地域教育支援部・地域教育振興課内
TEL:072-228-7920
FAX:072-228-7009

アクセス

↑ PAGE TOP