堺市PTA協議会 役員だより

3行詩

お問い合わせ・情報のご提供

10月6日 シェルトン ジョン

皆さん「It’s been a long time!」本日のワン・ポイント・イングリシューは「御無沙汰しております」という意味です。

ずっと会長挨拶を更新していなくてすみませんでした。
8月20日から22日まで日本PTA全国研究大会が宮城県であり、堺から一人で参加してきました。

私は今回で、全国大会参加は3度目でしたが正直言って、今まで参加することに対しあまり意味がないように感じていました。

今までの大会は、ただ講演を聞くだけでせっかく全国から集まってきているのに 他県との交流が全くなかったので参加する意味があるのかな?と感じていました。 それなら、その費用をもっと意味のある事に使ったら!と評議会で意見を出した所、 一人の評議員さんに「せっかくの機会だから堺を全国にアピールしたらどうですか?」と言われ、 それならば…と行く決心をしました。

しかし、どうやって他県の人と交流が出来るかという問題と、全国大会の様子や内容を どうやって堺に帰ってから伝えれば良いのかと悩んだ結果、ビデオレターを思いつきました。 ビデオカメラを持って色々な人にPTAについて聞いて、帰ったらそれを皆さんに見せる事が出来ると思いました。 しかし、一人で喋りながらビデオを撮っているとただの外国人観光客に思われるので、 私は行く前に名札を作りそれを付けて参加しました。

その名札には「堺市PTA協議会会長シェルトン・ジョン 日本語をしゃべれますので気軽に声をかけて下さい」 とか「僕は堺が大好きです。それは何故か聞いて下さい」など何種類か作り、胸に貼ってビデオを撮影しました。

他県の人と交流する時間があれば良いのですが、日程が組んであるのでなかなか思うように声をかける事が出来 ませんでした。かろうじて、宮城大会の受付の方々と岩手県から参加された方と京都の中学校の教頭先生に インタビューさせていただきました。会話をし、話を聞いて、みんな子育てについての考えは一緒だな~と思いました。

どの県の保護者の方も子供に対する愛情は一緒で、PTA活動も同じように真剣に取り組んでおられるな~と思いました。

また、大会で講演される先生のお話で共通しているのも、子どもに対する愛情がいかに大切かという事です。 愛情があればちゃんと育てることが出来る。 子育てのやり方は育児本や周りの人達と同じようにこうしなさいという一つに限らず、 その子の親が愛情を持って、それぞれの家庭でそれぞれの家庭なりに育てていけば子どもはきちんと育つと思います。 現代はややこしくて子どもをどう育てていけば良いのか、不安になる親は沢山いると思います。 そのような親の不安を利用する人や物も溢れているのも事実です。どの親にも不安はあります。
現代の日本はあまりにも勉強や成績を重視しすぎる為に、 親子共々大きなプレッシャーを感じている方も少なくはないと思います。自分が子どもだった時を思い出して下さい。 どんなにその時期に、色々な事に対し不安を感じていたか。 今の子ども達は私たちの時代以上にそれをプレッシャーとして感じているような気がします。

もっと子どもの気持ちを理解し、愛情を持って味方になるといった心を、 親自身が持つようにすればもっとバランスが取れ、子どもも楽になると思います。

愛情があれば何とかなります。子どもを暖かく見守って下さい。

皆さんで堺の子ども達を自分なりの育て方で愛情を持って育てていきましょう。

堺市PTA協議会 会長 シェルトン ジョン

堺市PTA協議会

〒590-0078
堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 高層館11階 
教育委員会 地域教育支援部・地域教育振興課内
TEL:072-228-7920
FAX:072-228-7009

アクセス

↑ PAGE TOP