堺市PTA協議会 役員だより

3行詩

お問い合わせ・情報のご提供

10月17日 太田 宏司郎

 皆さま、こんにちは。
 私は昨年向丘小学校のPTA会長を仰せつかり、今年で2年目となります。 「どうせやるなら楽しんでやりましょ!」という気持ちで、 PTA役員のみならず、保護者のみなさんのご協力を得ながら楽しくPTA活動に取り組んでいます。
 その活動例として、この夏に実施した2つの行事を紹介します。
 ひとつは昨年より「ムコカン」と名前を改めてスタートした行事で、 昼間はプール、夕方にみんなでお弁当を食べて、 その後体育館でゲーム大会(今年は大声大会)、そして陽が落ちてから校舎を使ってきもだめしを行います。 この行事のコンセプトは、「夏休み、親と子と先生が一緒になって、夜まで学校で遊ぶ!」という、 いたって単純なものですが、段取りをするのは私と男性副会長のふたりだけ、 後は、事前の集金から当日の受付、プールの準備と監視、 お弁当配り、ゲーム進行、肝試しコースの準備、そしてお化け役まで、 すべて参加者(保護者)が役割を分担して行います。 そして集金以外はすべて当日にぶっつけ本番でできるように、私と副会長が企画と下準備をしておきます。 「PTA実行委員会が主催者で、それに参加する保護者はお客様」といった考えではなく、 「参加者全員が主催者なんだ」という気持ちを持ってもらうことも、この行事の狙いであるわけです。 単に参加するだけでなく、運営を協力しあうことで保護者間のコミュニケーションも深まります。 今年は昨年以上の333名の参加で盛り上がりました。 いつも捨て身になってお化け役を努めてくださる校長先生にも感謝をしております。
 もうひとつは来年度創立50周年を迎えるにあたり、その資金集めと50周年のPRを目的に、 バザー&フリマ&模擬店「向小市場」を開催しました。 実行委員の誰もバザー行事の経験がない中での取り組みでしたが、 準備から運営までたくさんの保護者や地域の方にご協力をいただき、大盛況で終えることができました。 提供された物品は、つがいのクワガタから卓球台まで、体育館一杯に楽しい売り場を作ることができ、 ほぼ完売することができました。 保護者と学校が主体となりながらも、自治会、老人会、こども会、PTAのOB会にも助けていただき、 地域との連携強化にもつなげることができました。
 次は10月30日にコムデイを行います。これは向丘小学校が誇る恒例行事で、ひとことで言うと 「小学校を主体とした地域文化祭」です。 今年で12回目となり、私たちにとっては「ムコカン」や 「向小市場」のような“産みの苦しみ”はなく、先輩たちの築いてこられた形を受け継ぎながら、 少しでも工夫を加えてより良いものにしていければと思っています。そんな思いで昨年から、 体育館での舞台発表の部に地域の見守り隊の方々をご招待し、子どもたちから感謝状をお贈りするミニセレモニーを始めました。 「見守り隊の方々に感謝の気持ちを伝えたい」という思いで企画しましたが、 同時に、多くの保護者がいる中で行うことによって、保護者に見守り隊の皆さんへの感謝の気持ちを、 より強く持っていただく機会になればと思っています。
 ひとり娘が6年生で、わたしも来年の春に娘と一緒に向丘小学校PTAを卒業しますが、 残る半年間、引き続きPTAを楽しみたいと思っています。

堺市PTA協議会 評議員 太田 宏司郎

堺市PTA協議会

〒590-0078
堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 高層館11階 
教育委員会 地域教育支援部・地域教育振興課内
TEL:072-228-7920
FAX:072-228-7009

アクセス

↑ PAGE TOP